「消費者金融ならココ!ドット混む」  メイン画像

消費者金融の審査の基準について

 

消費者金融の審査の基準について

審査の基準って皆さんご存知でしょうか?意外に知らない人も多いでしょうね。
ここでは、消費者金融の審査の基準を少し記載していきたいと思います。現金化比較などをしながら、審査の比較なども行ってみてはいかがでしょうか。場合によっては審査に通らないこともありますので、事前にしることができます。

銀行やクレジットカードとは違う

銀行は不動産担保や保証人が無い人には絶対お金を貸しません。また、審査においてはすべて正式な手順を踏まえ、住民票や納税証明書、収入証明など多くの証明書類の提出を求められます。
尚、クレジットカードを扱う信販会社などにおいては担保が不要な分、申込み者の資力・性格・資産の3つの軸から総合的に独自で信用度を判断する「3C」という思想の元に審査基準を定めており、それに基づき慎重に審査をしています。クレジットカード現金化 即日を行っているお店では厳しい審査などはなく、クレジットカードのショッピング枠が残ってさえいれば利用できるような体勢となっています。

しかし、消費者金融とは担保も保証人も不要な上に、ましてや会ったことのない見ず知らずの人にわずか30分程度の審査で簡単に10万円〜50万円という現金を貸すわけです。
しかも、手続きが終了次第に即銀行口座に振り込んでくれるわけです。
では、一見このように無謀なことをしている消費者金融がなぜ著しく成長をとげ、大手銀行が業務提携で手をつなぎたがり、しかも今やクレジットカード会社よりも非常に高い収益をあげられるのはナゼなのでしょうか?

  • それは銀行やクレジットカードよりも格段に手軽さ・気軽さをウリにして簡単にお金を貸す分、非常に高い金利に設定して元金はもちろんたっぷりと利子も付けて回収してきたからです。

”回収できるかどうか” が全ての根底にある
消費者金融の審査においては、まず回収できるかどうか、つまり貸したお金をきっちりと取り立てれるかどうかという明確な判断基準ををもって行われているのです。
具体的には下記に当てはまる人は回収できない可能性があるために融資を断る(審査が通らない)ケースが大半であり、見方を変えると以下に当てはまらない人は高い可能性で融資を受けることができるという柔軟性が消費者金融には在るのです。

【職業的には】

無職 収入が無ければ返済出来ません
暴力団・または政治結社・右翼団体など回収時の身の危険や服役による長期未回収リスクの可能性
同業者または弁護士業界事情と法律に精通してると揚げ足を取られかねないので不都合

【審査中に発覚する要因】

自宅の電話がすでに料金未納で不通、まったく連絡が取れなければ督促できない
住所が不定であり追跡が不能
家出中に身内に肩代わりしてもらえない人物
勤務先で極端に欠勤が続いてる(仕事を辞めるリスクがある)
すでにブラックリストに入っていいる(支払わなくなる可能性が極めて高い)

他社とのトータル的な借り入れ状況で現在のリスク度を判断する
消費者金融では回収できないリスク、つまり 「貸共倒れのリスク」 を極力最小限に抑えるために申込み者の現在の支払能力と借り入れ状況のバランスを最も要視し、まだ支払い余力があるのか?という視点で判断。
そして、この貸倒れのリスク度を正確に把握するために「他社借り入れ件数」を最も重要な判断基準として使うわけです。
この「他社借り入れ件数」が各消費者金融業者の許容件数内であればその属性レベルがかなり低くても、金額は低いながらも貸してくれるケースが多くなってきます。



おすすめWEBサイト 5選
相模原の注文住宅業者徹底比較

最終更新日:2017/12/11

Copyright 消費者金融ならココ!ドット混む. all right Reserved